keiryu.JPG

マクロビオティックの語源は

「マクロ=大きな」「ビオ=生命」「ティック=術」

の3つの言葉からなっています

古代ギリシャ語を語源とした「自然に即した命の在り方」という意味です

 

肉や魚、卵や乳製品といった動物性食品や白砂糖は用いず

玄米を主食とし、主に野菜、豆類、海藻類から組み立てられています

 

季節の香りを持った旬のもの

自然の力に任せた無農薬や有機の野菜

昔ながらの製法でつくられた塩や醤油、味噌だけを使って

ていねいにお作りしています

遠くから運ばれてきたものではなく

できるだけその土地で採れた食材を

 

その季節にその土地で自然に採れるものを食べることは

暮らしている場所の気候や風土に適応し、季節の変化に身体が

馴染んでいきます

 

たとえば 春の山菜の苦みは冬に溜まった毒素を排出する役目を持ち

夏の野菜は暑さにバテた身体を冷ましてくれます

 

 

厩戸は このようなことを基本としてお食事をお作りしていますが

肉や魚といった動物性のものや添加物を使わないこと、マクロビオティックで

あること、という思想が先立つ以前に

その季節、その土地で採れたもの、純粋な塩や醤油を使ったら

自然にこうなったごはん

そんな食事を大切にしています

 

溢れる情報の中で何を選択していくかということ

厩戸はこの土地の空気や水、土の様子に耳を傾けたお食事を

お作りしていきたいと思っております

 

 

自分自身の身体と心の様子を伺うひと時に

家族や友人、親しい人との会話を楽しみながらのお食事に

それぞれの日々の一食に

食べることは生きることに繋がっているということ

218FFFC2-6A81-4CF2-A0B7-56C7FAE6E9AD.jpe